ストーブ

ストーブの分解整備はどんな作業をしているのか。

マイナス気温になる事が無くなり、ジャンバーやマフラー、手袋を装着する機会も無くなって、普段の生活にも変化が出てきたと思います。しかしこの季節は黄砂の影響が大きいですね。

そんな季節になるとストーブの出番も無くなってきます。分解整備を考えている人もいるんではないでしょうか。分解整備でストーブをお預かりした後は、お客様からは何をどうしているのか、全く見えないので、今回は改めてストーブの分解整備はどんな作業をしているのかを紹介したいと思います。

電話でご依頼を頂くと、日時調整をしてストーブを預かりに伺います。お預かりしたストーブはこのような工程で作業していきます。複製しちゃダメと書いてますが、写真なので大丈夫かな。

外観の点検後、異常がなければ早速分解していきます。

最終的にこうなります。↓

一つ一つの部品を洗浄して汚れやホコリを取り除いていきます。

火を燃やした熱を室内に放出する放熱器という部品は、サンドブラストで塗装を剥がして、新たに耐熱塗料を吹き付けていきます。

塗装後↓

火が燃える燃焼ポットも、カーボンが溜まっているのでサンドブラストにてカーボンを落としていきます。

ここから組み付けに入ります。パッキンと呼ばれる部品と部品のつなぎ目に入る部品と、交換が必要だと判断した部品を交換していきます。白い円筒のものがパッキンです。そのほかにヒーターの周りにもあり交換していきます。排気漏れを少なくしていくためです。

組み付けが終わると一度燃焼テストをして、正常に燃えることを確認し、水洗いした部品の乾燥、再塗装した放熱器を焼き付けていきます。

この作業を夏の暑い中やるので痩せます。毎日ラーメンを食べても太りません。お金をもらって痩せられるので、この期間アルバイトとかどうでしょうか。

最後にもう一度、組み付けがしっかりとされているか確認して、外装を磨いていきます。

あとは、お客様と連絡をとり、納品設置後、再度燃焼を確認します。本当は動画でお知らせしたいほど、自信を持って作業をしています。ただ3時間とかこんな作業を見ても面白いのかどうか、微妙ですよね。

ちなみにこの分解整備は年中実施しています。春になると閑散期になることもあり、仕事を確保しておきたい理由で整備料金を割引して早くやってもらうようにしています。7月ごろになると分解整備をお断りをするくらい、忙しくなるのでお預かりする期間も長く、納品も遅くなります。割引も無くなりますのでお早めにどうぞ。

料金は床暖が付いていない煙突のタイプなので、整備料金が20,000円。消耗した部品とパッキンで部品代が12,100円となりました。3年くらいは問題なく使ってもらえるお客様が多いようです。そうなると1日あたり30円くらいの費用となります。

関連記事

  1. ストーブ

    他店で買ったファンヒーターでも3年間はメーカー保証で直せますよ。

    年末に向けて片付けをしようと試みるけど、次から次へと何かしら舞い込んで…

  2. お知らせ

    ストーブのガラスが黒くなった。ニオイがする。気になった時点で修理依頼してください。

    寒いのにも少し慣れて来て、プラスの気温ならあったかいなって感じになって…

  3. お知らせ

    室蘭市内小中学校のストーブを点検のため引き取りに行ってきた。

    運動会の日焼けが落ち着いて、鼻の皮が剥けてきた今日この頃です。…

  4. ストーブ

    ファンヒーターが故障した時に修理をするか買い換えるか。

    ズバリ、ファンヒーターは故障したら買い換えるべき。ストーブの修…

  5. ストーブ

    灯油のゴムホースは3年毎に交換が必要

    灯油のゴムホースは、3年おきに交換したい消耗品。ホームタンクか…

  6. ストーブ

    もしかしたら水道凍結よりも怖い。ホームタンク凍結。

    今日は2月8日。記録的な大寒波が北海道を襲うとか、観測史上最低の気温と…

おすすめ記事

  1. お知らせ

    LINE@から問い合わせをいただきました。
  2. ストーブ

    ストーブの種類によって燃費は変わらないよって話
  3. お知らせ

    ペレット燃料値上げのお知らせ
  4. 思いや日常

    胆振には美味しいものが多くて困るわー
  5. ストーブ

    試作品のロケットストーブに火をつけてみた。
PAGE TOP