ストーブ

ストーブの分解整備の作業はどんな事をしてるのか。分解編

ストーブの分解整備って何なの?何やってるの?って思いますよね。

ストーブを外して持っていくので、何をどこまでやってるのかが分からない。ぼくも、のぞえ商事に入るまでそんな風に感じてました。

そんなわけで、分解整備の作業を写真で紹介していきます。

今回は煙突タイプのシンプルなストーブを分解していきます。

正面から全面ガードと上面版を外していきます。黒い部分が放熱器。

裏側の背面版を取り外します。

ここまでくると何となーく中身が見えて来ます。

ポットバーナーで灯油を燃やした熱を放出する放熱器を外していきます。白くて丸い形をしたのがパッキンと言って、燃焼後の排気を室内に漏らさないための部品。パッキンは外すと壊れるので分解整備の際に必ず交換します。

ガラスと遮熱板を外していきます。ガラスが白く曇ってくるのは、灯油の硫黄分とかって話もあったりしますが、ポットバーナーの中についている部品が劣化しているストーブがより白くなっている事が多い感じがします。

真ん中についてる円柱の部品がポットバーナーです。ここが心臓部。

ここまでは最低限分解していきます↓

ポットバーナーについている部品。

左から燃焼リング、ポットヒーター、フレームロッド、ポットサーミスタ。3年以上使っていると交換しておきたい部品です。ポットバーナーの周りについているパッキンは再利用ができないので必ず交換します。

この後に洗浄や清掃、塗装などの工程があります。ひとつにまとめる自信がないので、今回はここまでっす。次回また更新します。

続きはこちら ストーブの分解整備の作業はどんな事をしてるの-2

関連記事

  1. ストーブ

    五月一日から点検整備料金が変更になってます。

    ストーブの点検整備料金を一部見直しました。一般的に普及している…

  2. ストーブ

    床暖房や温水パネルの不凍液、交換の目安

    暖房用の不凍液はいつ交換するのが良いのかっていうと、4年毎って事になり…

  3. ストーブ

    ストーブの火が勝手に消える時はエコ運転になっているかも。

    石油ストーブの火が勝手に消えるとお電話いただくことがあります。…

  4. ストーブ

    ファンヒーターが故障した時に修理をするか買い換えるか。

    ズバリ、ファンヒーターは故障したら買い換えるべき。ストーブの修…

  5. ストーブ

    今日も灯油タンクを空にしたという問い合わせをいただきました。

    春は旅立ちの季節。嬉しかったり、ちょっと寂しかったり複雑です。…

  6. お知らせ

    室蘭市内小中学校のストーブを点検のため引き取りに行ってきた。

    運動会の日焼けが落ち着いて、鼻の皮が剥けてきた今日この頃です。…

おすすめ記事

  1. お知らせ

    PayPayを使えるようになりました。
  2. ボイラー

    つい忘れちゃう、凍結予防の水落とし。
  3. ペレットストーブ

    ペレットストーブの修理、点検をする
  4. 思いや日常

    先週の黒板です。何でこのタイミングでこのブログかってーと何となくです。
  5. お知らせ

    インフルエンザの猛威に打ち勝ったという話
PAGE TOP