ストーブ

ストーブの火が勝手に消える時はエコ運転になっているかも。

石油ストーブの火が勝手に消えるとお電話いただくことがあります。

最近のエコブームに乗っかり、石油ストーブにもエコボタンなんてものが付いてます。いや実はかなり前からありましたが、セーブ運転と呼ばれていました。このエコ運転とかセーブ運転を作動させておくと、勝手にストーブの火が消えたりすると、驚かれるようです。

どんな機能なのか。

火力調整を自動にしている時、エコモードを使うと設定温度よりも暖かくなれば火を消して、寒くなると火を付ける機能。

例えば設定温度を20度にした場合、室温が20度を超えると消火して、室温が20度を下回ると点火します。メーカーや機種によって設定温度より室内温度が2度下上がったら点火するとか、作動する条件は違うので説明書を参考にしてください。まあ、エコ運転やセーブ運転は設定温度より暑くなったら消火して、寒くなったら点火すると覚えてもらえればいいと思います。

↑下段の右から3番目に「eco」と書いたボタンがあります。エコモードに入っていると、赤い運転スイッチの左上にある小さなランプが点灯します。

運転スイッチは入っているのに、いつの間にか消えていて、エラーも出ないし、表示画面の時計や温度の数字も点灯している時は、エコ運転やセーブ運転になっている可能性が多いです。(最近は消費電力を減らそうとして、画面が消えちゃうのもあるとか)そんな時はエコモードになってないか確認してください。掃除をしていて知らないうちにエコボタンを押してしまった、タイマーと間違えて押してしまった、なんて事も考えられます。

↑最近の機種はエコボタンとランプが一緒になって大きくなり、わかりやすくなっているかと思います。

エコモードを解除するには、エコボタンを押すだけです。緑のランプが消えて通常の運転に切り替わります。設定温度より、室内温度が上がり暖かくなっても、火は消えずに最小火力で燃え続けます。それかスライドレバーを自動運転からずらして、手動火力調整にするとエコモードに入っていても火は消えません。

故障してストーブが止まる時は「E -〇〇」とエラーが表示されるようになっています。その時はエラー番号をお伝えいただくとある程度、話が早くなるのでエラーが出た時はエラーの番号を覚えておいてもらうと助かります。

 

 質問、疑問、お問い合わせは、ラインでもお気軽にどうぞ。 
友だち追加 
  
  

関連記事

  1. ストーブ

    ストーブやボイラーの灯油ゴムホースを交換をする方法

    ストーブとかボイラー灯油を送るゴムのホース。長い間使っていると…

  2. ストーブ

    8月になるとストーブの点検整備が混んじゃってしょうがないので、毎年春に値引きしてますからご利用くださ…

    第100回を迎えた熱い甲子園大会も終わり、これから秋の味覚秋刀魚の季節…

  3. ストーブ

    ファンヒーターあります

    明けましておめでとうございます初夢は、1リットルの牛乳パックを…

  4. ストーブ

    ポータブルストーブ(1)

    ポーターブルストーブ。煙突も電気も使わない、灯油もカートリッジ…

  5. ストーブ

    そろそろストーブの分解整備の話をしようじゃないか。

    ストーブ、ボイラーの分解整備の料金を、春になるといつも値引きして早めに…

  6. ストーブ

    タイマーで点火しない時に確認しておく事

    どうも最近、肩がこるので、寒いからかなと思っていたら、ダウンベストを着…

おすすめ記事

  1. お知らせ

    スタッフ募集です。
  2. お知らせ

    LINE@から問い合わせをいただきました。
  3. ストーブ

    8月になるとストーブの点検整備が混んじゃってしょうがないので、毎年春に値引きして…
  4. 思いや日常

    もういくつ寝ると〜♫今年もありがとー
  5. ペレットストーブ

    ペレットストーブを使って感じたメリット。
PAGE TOP