お知らせ

石油製品には寿命があります。10年を目安に新しいものと取り替えてください。

センセーショナルなタイトルで始まった今回は、ストーブやボイラーなどに寿命があるという話です。

ちょっと短いような気もしますが、煙突や排気筒のついたストーブやボイラーは製造打ち切り後7年から8年、煙突の付かないファンヒーターやポータブルストーブは製造打ち切り後6年まで、修理に必要な部品を保有しています。ということは、製造された年を入れると、9年目で製品の機能を維持する部品が手に入らなくなります。でも実際には、10年前後経っても部品の在庫がある分に関しては、提供してもらえることが多いです。制御基板やモーターなどの電装品は無くなることが多いです。

最近は10年経つ前に一度点検を受けてくださいという、ステッカーが貼られています。

西暦2010年に買ってもらったツインストーブを、分解整備してほしいと、おおよそ年に一回お電話いただくお客さんがいます。そもそも、分解整備に必要な部品が手に入らないので、その度にお断りしている状態が8年ほど続いています。約18年も使っているなんて、なんと長持ちしていることでしょう。取り替え時期はとっくに過ぎているので、新しいストーブを入れ替えるように促してはいるんですけど、使えるもは使いたいという気持ちもありますよね。

ただ、寒いときに暖房が止まったりするとね、ストーブが入荷するまで、どうしようもないです。そんな時は代わりのストーブを貸し出してはいますが、夜中とかに止まるとね。大変かもと思っちゃいます。まあ、10年過ぎたらいきなり止まる訳でも無いし、心配しすぎるのも良く無いので、10年前後で入れ替えの時期なんだと、思ってもらえればいいのかと思います。

 

 

関連記事

  1. ストーブ

    ストーブの分解整備はどんな事をしているのか。仕上げ。

    ストーブの分解整備はどんな事をしているんだ。最終章です。需要があるかわ…

  2. ストーブ

    ストーブの点検整備(分解整備)が必要な理由。

    ストーブの点検整備、分解整備少しづつ依頼が増えてきました。ただ少し…

  3. お知らせ

    ペレットストーブを購入する理由が、燃料のコストを下げるためならやめた方がいいかもしれない。

    電気、ガス、灯油、木質バイオマス。暖房の熱源として、世の中にいろんな燃…

  4. お知らせ

    高効率給湯ボイラーのエコフィールは本当にエコなのか

    昨日は家に帰るまで信号が全部青でした。どうも街のあったかサポー…

  5. ストーブ

    ストーブの分解整備はどんな作業をしているのか。

    マイナス気温になる事が無くなり、ジャンバーやマフラー、手袋を装着する機…

  6. お知らせ

    年内のペレット燃料配送は12月20日まで。

    寒くなったり暖かかったりしちゃって、スボン下を脱ぐのか、履くのか悩みま…

おすすめ記事

  1. ペレットストーブ

    木質ペレット燃料販売価格のご案内
  2. 点検料金

    ツインストーブ点検整備の料金
  3. ボイラー

    温泉の素は追い焚き配管に良くない
  4. ボイラー

    環境にやさしく
  5. お知らせ

    ネット通販とかやるなんて思ってもみなかった
PAGE TOP