お知らせ

ホームタンクから灯油が漏れていると電話をもらいました。

1月5日にお電話いただいた時の話です。

外置きの490リットル入る灯油のホームタンクから若干の灯油漏れがあるのですが、別の業者で修理したのに漏れが治ってなくて困っているという話でした。

そもそも修理の値段が高くて、さらに治っていない。その業者に不信感があるので、インターネットで検索してみるとボクの書いたブログにヒットして、そこからお電話してくれたとの事でした。

冬はホームタンクの交換ができませんというアメブロで書いた時のもの。多分これだと思います。

外置きのホームタンクは土を掘って束石を埋めて、ホームタンクを設置するから土の凍っている冬場は交換が出来ない事が多いです。家の中に室内用の小型の灯油タンクを設置して、凌いでもらい雪解けを待ってホームタンクを交換するような流れで作業しています。

灯油の漏れだけを修理することも可能です。でも今回は給湯ボイラーにしか灯油を使っていないらしく、そもそも490リットルも入る大きなタンクは要らないそうで、小さな室内用の90リットルタンクに交換したいそうです。その場合、外置きのホームタンクに入っている灯油を抜き取り、室内タンクへの灯油を入れ替え、外のホームタンクの撤去、ホームタンクから室内に敷いてある配管の撤去などの作業があります。

90リットルのホームタンクが19000円。市内の出張費が3000円。撤去作業などで約10000円くらいかかると思います。おおよそ30000円から40000円くらいでしょう。灯油をポリタンクに入れて買ってくる手間がかかるので、外に置く小さいホームタンクもある事を伝え、そちらもオススメして電話をおきました。タンクが外にあると配送業者の人が黙ってても灯油を入れてくれるから便利ですね。

490リットルのホームタンクを交換する場合は、70000円前後の費用がかかる事が多いです。灯油を入れてくれている業者さんでホームタンクを交換した方が、うちで交換するよりも安くなる事が多いですね。

お電話頂いた方のためにブログを書いてみました。参考になれば幸いです。

恥ずかしがり屋のボクはブログを見てお電話頂いた事がとても嬉しかったです。

それと、90リットルの室内用ホームタンクを貸し出し用で置いてあったんですけど、三年以上使った事がないので年末の大掃除の際に処分しました。なので貸出用のタンクは今現在用意していません。

関連記事

  1. ストーブ

    ストーブの分解整備はどんな事をしているのか。仕上げ。

    ストーブの分解整備はどんな事をしているんだ。最終章です。需要があるかわ…

  2. ストーブ

    ストーブの火がつかない、点火しない、三つの要素と事例。

    気温がマイナスになって来て、ヒートテックなももひきを選択の余地なく装備…

  3. ストーブ

    ファンヒーターの保管方法

    桜が満開の声も、あまり聞かなくなってきましたが、そろそろ使わなくなりま…

  4. ストーブ

    来シーズンも使える石油ストーブのしまい方

    ポータブルストーブを来シーズンに使えるしまい方を紹介します。ど…

  5. ストーブ

    他店で買ったファンヒーターでも3年間はメーカー保証で直せますよ。

    年末に向けて片付けをしようと試みるけど、次から次へと何かしら舞い込んで…

  6. ストーブ

    先週、床暖房石油ストーブを交換してきました。

    先週の土曜日にかなりの雨が降っている中、床暖房付きのストーブを交換して…

おすすめ記事

  1. ボイラー

    エコフィールのポスターを貼ってみた
  2. 思いや日常

    室蘭のラーメン店、なかよし工大前店に行ってきた
  3. ストーブ

    ストーブの点検ってどんな作業なんでしょう。(写真多め)
  4. ストーブ

    そろそろストーブの分解整備の話をしようじゃないか。
  5. 未分類

    ものづくりがやってみたいと思った
PAGE TOP