ストーブ

試作品のロケットストーブに火をつけてみた。

雪がチラついて来てめっちゃ寒い室蘭です。まだ積もったりはしないでしょうけど、寒さを感じる感覚が鋭くなって来ているんですね。ついにヒートテックのももひきを装着してしまいました。

ロケットストーブが完成してからしばらく放置してました。天気が良くて風のない日を選ばないとね。乾燥した季節に屋外であっても、火を扱うってのは細心の注意が必要です。って実は面倒なだけでした。

ええ、そんな感じです。用意したのは、前回完成したミニミニ廃品ロケットストーブと、ペレット燃料、そして着火を容易にしてくれるガスバーナー。なんかガスバーナーを使うのは反則のような気もします。ただ今回はてきとうに作ったこのロケットストーブをちゃんと燃えるのか、早く確認したかったので気にしないことにします。

右側のパイプから燃料を入れると、左側のパイプが煙突になってて、そこから煙が出て来ます。上の天板が熱くなる仕組みです。

早速外に出てペレット燃料をブチ込みます。

ガスバーナーで火をつけると、一気に燃焼が始まり煙が出て来ました。ひとまず成功したようです。

ペレット燃料を入れたところから、炎が出てこないで、奥の方に流れているということは、ドラフト現象でしっかりと空気の流れができて、排気されている証拠でしょう。

缶の中の構造は、燃料を入れる方のパイプを缶の中で二重構造にして、二重になった隙間をパーライト(軽石の細かいやつみたいなもの)で埋めています。燃焼されて熱くなった空気を缶の中で滞留させて熱を溜め、左側の排気管から排煙します。こんな感じ↓

缶の中のオイルをちゃんと拭き取っていなかったので、排気ガスの匂いが強烈になって来ました。そこで一旦終了です。ご近所迷惑とかよりも、自分の身の危険を感じました。

この構造は、ストーブ全般に使われている基本的な作りです。直接燃料を燃やすよりも、熱効率が良くなります。石油ストーブはこれをよりメカニカルに管理して、安全装置をたくさんつけたものです。

まあ今回は、ちょっとした話の流れからロケットストーブを作ってみようということになり、今あるもので勢いで作ってみました。こんなことをしてなんの役に立つかも分かりませんけど、なんか楽しかったし、火を燃やすという原点に帰れてよかったなと思いました。

そんな奴がガスバーナー使うなよっ。

関連記事

  1. お知らせ

    洗濯物をストーブの近くで干さないでね。

    30度を超えたと思ったら、20度に行くかいかないかのお天気。寒暖差が激…

  2. ストーブ

    ポータブルストーブのダイヤルが回らない

    ちょっと気温がさって来て、朝起きた時にストーブつけようか、厚着しようか…

  3. ストーブ

    煙突を外した後の塞ぎ方

    ストーブについている煙突って普段はあまり外すコトはないかなーって思いま…

  4. ストーブ

    石油燃焼機器には寿命があります。

    石油燃焼機器と呼ばれてる、燃料が灯油のストーブや、ボイラーには寿命があ…

  5. ストーブ

    どんなストーブが良いのか迷っちゃった時のオススメはコレ!

    どんなストーブが一番いいのか?使ってみないとわからないし、値段も気にな…

  6. ストーブ

    灯油のゴムホースは3年毎に交換が必要

    灯油のゴムホースは、3年おきに交換したい消耗品。ホームタンクか…

おすすめ記事

  1. 点検料金

    点検整備料金、煙突式石油ストーブ角型
  2. グルメ

    カレーラーメンスタンプラリ−2017、しぶき屋
  3. お知らせ

    むろらん応援プレミアム付商品券の使い方教えます。
  4. ストーブ

    ストーブやボイラーの灯油ゴムホースを交換をする方法
  5. 思いや日常

    明日もテンション保っていこ〜
PAGE TOP