点検料金

点検整備 FF式石油ストーブ 

はい、どーも。点検整備の価格がわからないと、言われることが多くて、写真で価格とともに紹介していこう!というこのコーナーも、4回目。

のぞえ商事の点検整備料金表で、FF式石油ストーブ→壁置→中型。となっているストーブの紹介です。相変わらず大型はありません。

前回同様に、よく見かけるストーブです。やはり同じような形でFF式と煙突式とあります。今回はFF式です。

FF式はストーブ本体の後ろから、排気のパイプと吸気のパイプが二本でています。

穴が2個あります。上が排気、下が吸気です。

点検整備料金  24,000円

パッキンセット   5,600円

合計      29,600円の料金がかかります。この他に消耗部品の交換があると追加で料金がかかります。

今回の場合はポットヒーター、気化した灯油を燃やした時に安定させる燃焼リング、燃焼の温度を検知するポットサーミスタ、炎を検知するフレームロットを交換。

ポットヒーター   5,170円

燃焼リング     3,300円

ポットサーミスタ   770円

フレームロット    550円

合計        9,790円の追加。

最初の29,600円と9,790円で、消費税別で39,390円になりました。

そして割引期間中なので、24,000円の20%4,800円を引くと、34,590円となりました。

こうやって4,800円値引きとか数字で出ちゃうと、なんかこんなに値引きするのー、と思ってしまいました。

型式の表示は左側面の上に、FF-6813PKと書いてます。今回も2013年製造のストーブでした。因みにPKのKは音声で案内してくれるストーブです。表示パネルも大きくなっています。うちの売れ筋グレードです。

製造打ち切り後10年以上経過したストーブやボイラーは、製品の交換をお願いしています。メーカーは製造打ち切り後7年から10年で部品の供給をとめます。おおよそ10年使ったら寿命と考えて下さい。

 

4月から6月末まで点検整備料金(工賃のみ)を20パーセント割引しています。

朝と夜は火をつけたいから、もう少し暖かくなってからとか考えていたら、忘れちゃいますよ。混雑時でなければ、朝に預かって夕方までに収める1日仕上げもできますのでどーぞ。

お問い合わせ、注文は電話、LINE、メールで。

質問、疑問、お問い合わせは、ラインでもお気軽にどうぞ。 
友だち追加 

関連記事

  1. 点検料金

    点検整備料金、煙突式石油ストーブ角型

    のぞえ商事の点検整備料金表では、煙突式石油ストーブ→角型→中型…

  2. 点検料金

    ポータブルストーブ、芯を交換すると料金はどのくらいなのか。

    停電の時に、注目されて、電気が復旧すると忘れられる、ポータブルストーブ…

  3. 点検料金

    点検整備料金、その他、解放タイプ

    その他、解放タイプって。一体なんなの?ファンヒーターのでかいヤツです。…

  4. 点検料金

    ストーブの点検整備。料金はどのくらいかかるのか。

    点検整備や分解整備、分解掃除などと呼ばれてるはずのストーブのメンテナン…

  5. 点検料金

    ツインストーブ点検整備の料金

    ストーブの点検整備は、料金がマチマチ。それだけストーブの種類が多いって…

  6. 点検料金

    点検整備料金、FF式ストーブ小型

    ちょっとさ、価格表で小型とか壁置型とか言われてもわからんわ。と言われ続…

おすすめ記事

  1. 思いや日常

    スマホ三脚を買ってみる。
  2. 思いや日常

    今日からです
  3. ストーブ

    灯油のゴムホースは3年毎に交換が必要
  4. 思いや日常

    あけましておめでとうございます。
  5. 思いや日常

    長女よ。父と一緒に頑張ろう。
PAGE TOP