ストーブ

灯油は保管する場所によって変質が早くなります。変質して劣化した灯油を使うとストーブの故障の原因に。

どうも、こんにちは。

室蘭市でストーブ、ボイラーを販売修理しているのぞえ商事の野副弘幸です。

(ぼくは雑用係なんで、基本的に修理できません。)

 

何かしらのウィルスなのか、高熱に侵されて三日間安静に過ごしていました。

そんな時に、やっぱり頼りになるのは仲間であり家族です。

 

ちょっと強引に話を変えますが、寒くなるとやっぱりストーブが活躍してくると思うんです。電気、ガス、灯油、薪、いろんな燃料のストーブがありますが、やっぱりお手軽なのは灯油だと思っています。

 

なぜってこんなに売れてるからね。

 

灯油を使うストーブが平成26年度に出荷した台数は3,844千台。

そのうちファンヒーターが2,332千台(内業務用51千台)

ポータブルストーブが1,287千台です。

その他が煙突式やFF式のストーブになり、225千台となります。

ちなみにペレットストーブは4千台っス。少なっ!がんばろー。

(ガスストーブは533千台)

日本ガス石油機器工業会からパクりました。

 

 

灯油を使う燃焼機器全般に言える事なんですけど、ファンヒーター、ポータブルストーブは特に灯油の保管に気をつけて欲しいです。

屋外に設置する灯油のタンクは、遮光性、密閉性に優れているのでさほど気にするほどでも無いです。気をつけて欲しいのはポリタンクで保管する場合です。

 

 

ポリタンクで保管する場合の注意点!

灯油専用のポリタンクを使う。

蓋を閉め密閉する。

高温多湿を避ける。

日光に当たらない場所に保管。

そしてこんな灯油は使うな!

黄ばんでいる。

酸っぱい匂いがする。

水やゴミが混入している。

昨シーズンの灯油。

 

なぜこれらに気をつける必要があるのかっていうとストーブが故障します。

それだけです。

 

今日もありがとう!

 

関連記事

  1. ストーブ

    灯油のゴムホースは3年毎に交換が必要

    灯油のゴムホースは、3年おきに交換したい消耗品。ホームタンクか…

  2. ストーブ

    引越しでストーブ取り付けを依頼される時は灯油を確認して欲しいタイプです。

    えーっと、私って〇〇なタイプだから〜とか、言ってる奴いるじゃないですか…

  3. ストーブ

    石油燃焼機器には寿命があります。

    石油燃焼機器と呼ばれてる、燃料が灯油のストーブや、ボイラーには寿命があ…

  4. ストーブ

    ストーブの火が勝手に消える時はエコ運転になっているかも。

    石油ストーブの火が勝手に消えるとお電話いただくことがあります。…

  5. ストーブ

    子供部屋を片付けたらストーブがホコリだらけだった

    なんかもう春なのかなぁと思わせるポカポカ陽気な1日だったので、日曜日の…

  6. ストーブ

    点検整備料金、煙突式石油ストーブ丸型(小型)

    のぞえ商事の点検整備料金表では、煙突式石油ストーブ→丸型→小型…

おすすめ記事

  1. お知らせ

    ペレット燃料値上げのお知らせ
  2. お知らせ

    見積りにもガソリン代や人件費がかかります。
  3. 点検料金

    点検整備料金、FF式ストーブ小型
  4. ペレットストーブ

    ペレット燃料の価格について
  5. お知らせ

    最近始めたこと
PAGE TOP