ストーブ

意外と夏にストーブが売れるんです。

7月も後半に入ってやっと夏らしい気候になってきた。夏は断然暑いほうが好き。冬は冬で寒いほうが盛り上がる。メリハリのある季節感が欲しいよね。と言っても、室蘭で30度を超える気温になることは、年に数日で、ほんと数えるくらい。

そんな中、床暖房付石油ストーブを交換してきたよ。なんでこんな時期にストーブがと思うけど、暑くなるとストーブを点検整備に出して冬に備えたメンテナンスをします。(メーカーの推奨は2年に1回だけど、それだとちょっと早いかな)点検整備でストーブを引き取りに伺った時に、点検の料金が高額になるとか、年数が10年以上経過してる時に入れ替えをお勧めしています。

今日伺った所は、なんと20年も使用されていました。その間に何度か点検整備をしてもらっていたから、長く使えたのだと思います。けど20年も使えたのはあたりが良かった。

室内温度が30度の中、ストーブの試運転は熱中症とか、リスクが多いから後日やってもらうことになった。今日の作業は床暖房の循環液の交換と、ストーブの設置、そして点火の確認まで。

よく聞かれるのが、修理や点検だけで販売はやってないんでしょ。って言われる。確かにあまり販売のことには触れてないからね。意外となんでも販売できますよ。この間も、消火器を買ってもらいました。結構前に発電機とかも買ってもらった。だだ知識がない商材は売りっぱなしになってしまってやだなーと思うから、それを理解してくれる人にだけ販売してます。

ストーブやボイラー、灯油のタンクなんかは、40年以上ずっと販売中なんで、よろしくどーぞ(笑)

関連記事

  1. お知らせ

    石油製品には寿命があります。10年を目安に新しいものと取り替えてください。

    センセーショナルなタイトルで始まった今回は、ストーブやボイラーなどに寿…

  2. ストーブ

    ストーブを扱う仕事は夏が忙しい。

    半袖を着てもおかしくない気候になり、やっと夏らしくなって来ました。と言…

  3. ストーブ

    ストーブやボイラーの灯油ゴムホースを交換をする方法

    ストーブとかボイラー灯油を送るゴムのホース。長い間使っていると…

  4. ストーブ

    ストーブの点検ってどんな作業なんでしょう。(写真多め)

    ストーブの点検整備ってどんな感じに作業をしているのか。お客さんから見え…

  5. ストーブ

    ファンヒーターの保管方法

    桜が満開の声も、あまり聞かなくなってきましたが、そろそろ使わなくなりま…

  6. ストーブ

    新しいストーブに火をつけると煙が出ます。

    氷の上に雨が降って、路面がツルツルになって怖いです。はい、どう…

おすすめ記事

  1. お知らせ

    最近始めたこと
  2. 思いや日常

    今日は動いたなぁ。充実した休日だったわ。こんな毎日が続くと楽しいんだけどね。
  3. 思いや日常

    昨日の札幌は滑ったわーっていう日常のフツーの話
  4. 未分類

    ペレットストーブのご紹介
  5. お知らせ

    ストーブのガラスが黒くなった。ニオイがする。気になった時点で修理依頼してください…
PAGE TOP