ストーブ

ポータブルストーブを買ったら、やっておくべき3つの事。

停電になると見直されるポータブルストーブ。

電気を使わないから、災害などがあると一気に売れちゃいます。今回の停電後、メーカーに在庫が無くなったそうなので、おそらく皆さん買い求めてると思いますが、ポータブルストーブを買ったら、これだけはやって欲しいポイントを3つお知らせします。

  1. 新しい灯油を使う
  2. 灯油を入れてから30分待つ
  3. 換気をする

1、新しい灯油を使う

せっかく新しいポータブルストーブを買っても、去年の灯油や、水が混じった灯油を使うと、ちゃんと燃えません。ポータブルストーブは灯油を綿やガラス繊維の芯に染み込ませて燃焼させるから、灯油に不純物が入っていると芯の目が詰まってしまいます。炎が大きく立ち上がったり、燻って炎が出なくなったりで、どちらにしても濃い排気ガスが出てきて危険です。そうなってしまうと芯の交換が必要です。

2、灯油を入れてから30分待つ

タンクに灯油を入れてから、芯に灯油が染み込み、上まで上がってくるまで、おおよそ20分はかかります。メーカーや機種によって違いが出るので、灯油を入れてから火をつけるまで30分待ってから点火してくだい。芯にちゃんと灯油が染み込んでいると、点火をした時に円形に炎が広がります。新品の時は灯油を入れてすぐに火をつけるのはやめましょう。2回目の給油からは、待たずに火をつけられます。

3、換気をする

これは買ったらというより、常にやらなきゃいけない事。大事なんでお知らせしたい。燃焼後、1時間に1回、1分から2分程度窓を開けて換気をしてください。煙突を使わないタイプのストーブは、室内に排気しているって事なんで、部屋の空気を入れ替える必要があります。寒いからせっかく火をつけているのに、窓を開けるのは抵抗ありますね。窓を開けると部屋の空気は寒くなり、体感的に寒いです。でも、壁や天井は温まっているので、換気をして1分程度であれば、室温はそれほど下がらないはずです。道東はわかりませんが。

他にも注意する点はありますが、ポータブルストーブを買ったら、この3点は最低抑えておきたい所です。

関連記事

  1. ストーブ

    ストーブやボイラーの灯油ゴムホースを交換をする方法

    ストーブとかボイラー灯油を送るゴムのホース。長い間使っていると…

  2. ストーブ

    ポータブルストーブを仕舞う前にやっておきたいこと

    令和元年7月。室蘭地方の最高気温は20度以下で日照時間が少なく、半袖だ…

  3. ストーブ

    五月一日から点検整備料金が変更になってます。

    ストーブの点検整備料金を一部見直しました。一般的に普及している…

  4. ストーブ

    どんなストーブが良いのか迷っちゃった時のオススメはコレ!

    どんなストーブが一番いいのか?使ってみないとわからないし、値段も気にな…

  5. ストーブ

    ストーブの分解整備の作業はどんな事をしてるのか。分解編

    ストーブの分解整備って何なの?何やってるの?って思いますよね。…

  6. ストーブ

    ストーブの分解整備の作業はどんな事をしてるのか。洗浄、清掃。

    前回からだいぶ間隔があいちゃいました。分解整備、分解編…

おすすめ記事

  1. ストーブ

    エラー番号で修理代金を聞かれるのですがわかりません。
  2. 未分類

    点検整備料金割引のご案内
  3. お知らせ

    室蘭にシップリサイクルを呼び込もう。
  4. 点検料金

    ポータブルストーブ、芯を交換すると料金はどのくらいなのか。
  5. 思いや日常

    今日は会社で一番に到着するために頑張って早起きしたんだけど、予想していない展開に…
PAGE TOP