ストーブ

ストーブ点検整備の金額について

ストーブの点検整備で金額を伝えるとびっくりして怒っちゃう人もいるんで、こっちもビックリするんだけどね。なので事前にお伝えしてしておきます。よく依頼のくるコロナ社製品のFFストーブ(床暖なし)タイプで2024年5月時点で消費税別の総額43,130円です。FF-68○○PRとかの型式で○○は西暦の下二桁がはいります。

内訳は

作業工賃 24,000円

パッキンセット 6,050円

点火ヒーター 6,890円

燃焼リング 4,400円

ポットサーミスタ 1,040円

フレームロット 750円

となっていて、ちなみに10年前はどうだったかというと

作業工賃22,000円

パッキンセット 2,410円

点火ヒーター 5,170円

燃焼リング 3,300円

ポットサーミスタ  770円

フレームロット 440円

総額 34,090円

となり、9,040円の価格差があります。消費税を含めるとおおよそ10,000円の値上がりになるんですね。工賃が耐熱塗料などの値上げにより2,000円上がっています。部品だけだと10年前から見ると7,040円の値上がりとなってます。私は毎年徐々に値上がりを感じ、お客さんは5年に1回とかで連絡してみたら1万円違ったらビックリもするわな。

写真はコロナ社のFFストーブを点検整備するのに必要なパッキンです。円筒ガラスの上下やヒーター周りの部品の繋ぎ目に使用されていて、部品を外すとパッキンは崩れたりするんで再利用できないから必ず交換が必要になります。このパッキンのセットだけで、3,640円の値上げになってます。食品なんかも物価高騰で1.5倍とか2倍くらいにはなってますよね。ジンギスカンの丸い冷凍肉なんかは超絶高くて買えない、好きなんだけどな。

7月末まで作業工賃を20%割引しています。今回のコロナ社のFFストーブの場合だと43,130円から4,800円の値引きになり、総額38,330円(消費税別)になります。どうして値引きするのかというと、例年8月以降にストーブを点検に出される事が多くて混み合ってしまい納期の約束ができない状態になってしまうから、ストーブの点検整備の時期を前倒ししてもらうために値引きをしています。

点火ヒーターや燃焼リングを点検整備に合わせてなぜ交換する必要があるのか?今はちゃんと動いているのに交換する必要はないだろう的な話も出てくるんですが、それはまた別の機会に。

関連記事

  1. お知らせ

    室蘭市内小中学校のストーブを点検のため引き取りに行ってきた。

    運動会の日焼けが落ち着いて、鼻の皮が剥けてきた今日この頃です。…

  2. ストーブ

    ポータブルストーブ(2)

    ポーターブルストーブ。災害時や、春先や秋口にちょっとだけ使いた…

  3. ストーブ

    ストーブの火がつかない。作動音もしない。エラーも出ない。

    ストーブの火がつかない。作動音もしない。エラーも出ない。ストー…

  4. ストーブ

    ポータブルストーブのダイヤルが回らない

    ちょっと気温がさって来て、朝起きた時にストーブつけようか、厚着しようか…

  5. ストーブ

    ストーブやボイラーの灯油ゴムホースを交換をする方法

    ストーブとかボイラー灯油を送るゴムのホース。長い間使っていると…

  6. ストーブ

    不良灯油は使わないでね。

    人の名前と顔が一致しない事が増えてきました。とにかく覚えられません。あ…

おすすめ記事

  1. 思いや日常

    四月から始めたSNS。小心者のぼくはなかなか絡んで行けないでど、多くの人に支えら…
  2. ボイラー

    つい忘れちゃう、凍結予防の水落とし。
  3. ペレットストーブ

    ペレットストーブの調子が悪い。やっと現象が確認できて、オーガモーターを交換したら…
  4. 未分類

    点検整備が必要な理由
  5. 未分類

    ものづくりがやってみたいと思った
PAGE TOP