ストーブ

ストーブを扱う仕事は夏が忙しい。

半袖を着てもおかしくない気候になり、やっと夏らしくなって来ました。と言っても天気予報では、まだまだ最高気温が20度台前半だったりしてます。今年の北海道は涼しいのかもしれません。

ストーブを預かって冬に向けて点検する点検整備(分解整備とか呼ばれている)も、気温が低いと、まだストーブを使っているよーなんて言われ、なかなか預かれない場合が多いです。点検整備の依頼が増え始めるのは、最高気温が安定して20度を超えたあたりで、依頼のピークは最低気温が安定して20度を超えた時となっています。(当社比)そして公共施設や会社関係もちょうどこの時期にぶつかります。

夏休みに近づいて暑くなると、作業が渋滞してきます。ちょうど今時期、夏の甲子園が始まる時期に作業がパンクしそうになります。作業がパンクというか、もう頭の中がパンクロックです。暑い時にストーブを焚いて、エアコンも無いところで作業とか、もうパンクロックでも聴きながらじゃないとやってられません。でも実際に聞いているのはラジオだったりします。しかも機械の作動音でほとんど聞こえません。

とまあ、預かった順番にやって行くのですが、20度を境に預かる期間が長くなってくるから、いつお返しできるのか明確な解答が出来なくなっちゃいます。長い時には1ヶ月以上預かることも。7月にストーブを預かっても、お盆をすぎて9月とかの納品になってきます。そうなってくると、ドイツ車が積雪路面をがっちり捉えて走るスタットレスタイヤのテレビCMが福山雅治とともに流れ始めます。コレが出ると、もうかなりの焦りを感じてきます。納品は遅くなると予め言ってあるのけど、気持ち的にはお互いに焦りますよね。

で、本日お伝えしたい事は、忙しいのは気温20度以上の7月からとなっております。余裕のある人がいたら、5月とか6月に点検整備に出してもらえると3日ほどで点検整備を終えてお返しできます。来年はぜひ早めの点検をお願いします。(←ここが言いたかった)

という訳で写真とは全く関係のない話でした。

質問、疑問、お問い合わせは、ラインでもお気軽にどうぞ。 
友だち追加 
 

関連記事

  1. ストーブ

    ストーブが臭うとか燃え方が悪い時は排気トップが塞がれているかも。

    積雪の少ない地方でも、FF式の排気口は確認が必要。自分の家で起…

  2. ストーブ

    ストーブの分解整備の作業はどんな事をしてるのか。分解編

    ストーブの分解整備って何なの?何やってるの?って思いますよね。…

  3. ストーブ

    ストーブの火がつかない、点火しない、三つの要素と事例。

    気温がマイナスになって来て、ヒートテックなももひきを選択の余地なく装備…

  4. ストーブ

    FFストーブの排気トップに雪が詰まっている時の対処

    暴風雪の時、ストーブやボイラーの排気筒(排気トップ)に、雪が詰まって吸…

  5. ストーブ

    停電の時何をしていたか

    地震で停電した時ってかなり朝というか夜っぽい時間だった。普段あまり寝ら…

  6. ストーブ

    ストーブの火はつくけど、すぐ消えちゃう時にやって欲しいこと。

    長期間使ってなかった時、地震で揺れた時、ストーブにぶつかった時なんかに…

おすすめ記事

  1. 思いや日常

    少年野球の練習試合で主審をやってみた。
  2. お知らせ

    オレ、ラジオ番組をかけもちするってさ。
  3. ストーブ

    この時期に出る石油ストーブのエラーはだいたい同じです。
  4. ストーブ

    灯油は保管する場所によって変質が早くなります。変質して劣化した灯油を使うとストー…
  5. ストーブ

    ファンヒーターの保管方法
PAGE TOP