ストーブ

ストーブの種類によって燃費は変わらないよって話

まだまだ朝は冷え込みます。

そんな登場するのが小型のファンヒーターやポータブルストーブ。

持ち運びもできて、煙突もいらないので今ここだけあっためたいって、って時にとても便利がいい。

非常時やちょっと暖を取りたい時にはありがたいストーブです。

 

どうも街のあったかサポーター

のぞえ商事の野副弘幸です。

 

先日、お客さんに小さいストーブ(ファンヒーターの事)の方が燃費がいいんでしょー?

という質問をいただいたんですが、燃費自体はほとんど変わりません。

ファンヒーターやポータブルストーブは、発熱量が少ないので灯油の使用量が少ないだけなんですね。

灯油を1リットル燃やしたら、約10kwの熱量が出るようになってるので、一番火力を小さく出来るストーブが時間あたりの灯油消費量が少ないっていうだけの話。

 

一時間あたりの燃料消費量は

ファンヒーター3.6kwタイプ     0.350ℓ〜0.057ℓ

ポータブルストーブ2.8kwタイプ   0.279ℓ〜0.209ℓ

FFストーブ7kwタイプ        0.768ℓ〜0.22ℓ

となっているので、部屋全体を暖めるストーブの最小火力は、ファンヒーターの最小火力に比べて大きいから燃費が悪く感じることもあるのでしょうね。

 

という事でどの石油ストーブを使っても燃料の消費量が大きく変わるというワケではないという、ただそれだけの話をお伝えしてみました。

 

あっ、ボクは火が見えるのが好きで、寒がりなんでいつも火力は大きめです。

もったいないと思って暖房をつけないで過ごして、風邪を引いてもあれなんでね。

暑かったら脱げばいいんだから。

と言いつつも、昨日は最高気温7度でも季節的になんとなくファンヒーターを使って過ごしてしいました。

あったかくなるには、もう少し時間が掛かりそうですね。

早く外でBBQがやりたいボクが、昨日の寒さで体調がおかしいのは、もしかしたら寒さと雨の中に行って来た打ちっ放しの影響かもしれません。

寒い時はちゃんと体や部屋をあたためようって強く思った日曜の朝でした。

関連記事

  1. ストーブ

    灯油のゴムホースは3年毎に交換が必要

    灯油のゴムホースは、3年おきに交換したい消耗品。ホームタンクか…

  2. ストーブ

    アンケートにご協力を

    こんにちわ。すっかり寒くなりましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか…

  3. ストーブ

    来シーズンも使える石油ストーブのしまい方

    ポータブルストーブを来シーズンに使えるしまい方を紹介します。ど…

  4. ストーブ

    タイマーで点火しない時に確認しておく事

    どうも最近、肩がこるので、寒いからかなと思っていたら、ダウンベストを着…

  5. ストーブ

    ペレットストーブを自宅で使い始めて5年目になったので、感想的なブログです。

    北海道は来週から冷えるみたいだね。マイナス4度以下になると水道管の凍結…

  6. お知らせ

    洗濯物をストーブの近くで干さないでね。

    30度を超えたと思ったら、20度に行くかいかないかのお天気。寒暖差が激…

おすすめ記事

  1. ボイラー

    ボイラーの水落とし
  2. ボイラー

    エコフィール
  3. ストーブ

    ストーブの点検整備、分解整備、オーバーホール
  4. ストーブ

    ストーブの分解整備はなんで必要なのか
  5. 思いや日常

    我が家にもアマゾンビデオがやってきた
PAGE TOP