ストーブ

ストーブの火はつくけど、すぐ消えちゃう時にやって欲しいこと。

長期間使ってなかった時、地震で揺れた時、ストーブにぶつかった時なんかに、火がつかない時はリセットボタンを押す。

灯油を貯めておく小さいタンクの定油面器というものがストーブの中に入っています。振動を与えたり、定油面器が空になったりすると、灯油の流れを遮断して燃焼を止める。

コロナ製品だとエラーの1、とか2が多い。

サンポットだとエラー3、や5。どちらも油切れのコードです。

とりあえず点火してもすぐに消えちゃう時に外にあるホームタンクに灯油が入っているか確認して、灯油が入っていればリセットボタンを一回、押してみて。何回も押すと灯油が噴き出る可能性あり。今回くらいの地震だとリセットボタンを押さないと復帰しないはず。

そしてコロナのリセットボタンは見えにくい場所にあります。

ストーブ正面の真ん中より右側の底にあるレバーが見えにくい。

ここッス。指の先にあります。このレバーを左にずらすとリセットボタンを押せます。

中はこんな感じ。

レバーを左に動かすと、赤いボタンが押し込まれてリセットされて灯油が流れるようになる。見えやすいようにパネルを外したけど、外す必要はないです。

サンポットのリセットボタンは正面から見て右側。

小さな四角い穴が空いているところ。

ここから赤いボタンが見えるので下に押してくれるといいです。コロナも最近の機種はこのように右側になってます。

今日の電話はこれが多かった。まだストーブつけてない人も寒くなる前に一回は作動確認しておいてね。

関連記事

  1. ストーブ

    もしかしたら水道凍結よりも怖い。ホームタンク凍結。

    今日は2月8日。記録的な大寒波が北海道を襲うとか、観測史上最低の気温と…

  2. ストーブ

    年末年始休業のご案内

    年末年始の休業のお知らせやっと…

  3. ストーブ

    エコフィールボイラーや高機能ストーブを買って頂いてます。

    子供の成長は速いものですね。幼稚園に行かないってゴネていたタイ…

  4. ストーブ

    ポータブルストーブを仕舞う前にやっておきたいこと

    令和元年7月。室蘭地方の最高気温は20度以下で日照時間が少なく、半袖だ…

  5. ストーブ

    もうすぐ届くと思います。

    まだまだ暖房を使ってらっしゃる方も多いかと思いますが、ストーブ…

  6. ストーブ

    この時期に出る石油ストーブのエラーはだいたい同じです。

    最近ブログの更新を怠りがちなのは…言い訳になるのでやめます。…

おすすめ記事

  1. 未分類

    点検整備が必要な理由
  2. ストーブ

    ちょっと今月2件あった修理依頼が怖い件
  3. ストーブ

    プレミアム商品券
  4. 未分類

    石油ストーブの修理、メンテナンス
  5. ストーブ

    暖房のことなら、何でもご相談ください。
PAGE TOP