思いや日常

少年野球の練習試合で主審をやってみた。

どーも。7月なのに半袖になりきれない室蘭地方の気温は最高気温が19度とかです。室蘭は今年も夏が遅いですね。夏はガツンと暑くなってほしいな。そんなこんなで(どんなことや)、海の日に長男の所属する野球チームで練習試合がありました。

いつもはキャメラマンとして精力的に活動しているのですが、今回はなんと審判を任されました。しかも塁審ではなく主審です!そう、少年野球のお父さんは審判、練習のお手伝い、会場設営、キャメラマンとやることが多いのです。まぁ、この辺は参加できる範囲で緩くやらせてもらってますけど。今回はお父さんが激減する来年に向けて、審判の経験をさせてもらいました。

まっすぐ立つのが最近のお気に入り

試合開始前の写真です。この時は緊張しているだけ。と言いつつも、朝から嗚咽が止まりません。しかし、この後の大変さを知らないでしっかりポーズをとっています。まず最初にベンチ前で意気込んでいる選手達をホームベース前に呼び出し、キャプテン同士の握手から全員の挨拶となりますが、初めてのことで段取り分からず、モヤっとした感じで進んでいきました。ちなみにお父さんで白パンを履いているのはボクだけです。

プレイボーーールッ!!とか、って言わないんですね。これは言ってみたかった。普通に投球練習をやった後に、ピッチャーに向けてプレイ!とコールして試合がスタート。ストライクとボールの判定は、お友達が誘ってくれる、朝の野球でキャッチャーの後ろに立って練習させてもらっていたので、さほど迷いはしませんでした。

投球練習の間にどんな球を投げるのか確認する

しかし、新人戦、なかなかストライクが入らない。フォワボールの連続で、カウントを数えてはまた振り出しに戻るの繰り返し。ピッチャーもお疲れ気味になってくるし、心が痛む。もうね、アウトカウントがなかなか進まないと、試合も進まず、これも主審の判定次第なんだと改めて思いました。ストライクゾーンを広げようかと途中で思ったりもしたけど。後半に基準がずれるのもどうかと思ったり、選手達も疲れてんだろうなぁとか。でも判定に抗議がなかったから、おおよそ大丈夫なのかと自分に言い聞かせていました。

野球ってファールかタイムをとらないと、プレーが中断しないんです。ここが怖い所。インジケーター(ストライクとかボールをカウントできるツール)を戻している間に、盗塁とかされると若干パニックに笑。振り逃げとかの間に三塁ランナーがホームに突っ込んできたりしたら、VTR判定とかしたいくらい。しかも送球そらしたりしたらさ、追っかける間に頭が真っ白になって、あわわわわあっwwwってなってました。そして防具外したりで眼鏡ずれるとか(笑)

周りから見ているのと、グラウンドの真ん中に立つのでは、気持ちの面で見える範囲が全然違うんだと。選手もそうだよね。

そんなわけで、疲れ切った体に何かを入れなきゃと、エビづくしで昼からビールを飲んだとか。夜はソファーで寝てましたとさ。

関連記事

  1. 思いや日常

    子供の頃のラジコンの思い出です。電池は赤じゃなくて黒。

    強烈に寒いですね。朝、車に乗って出勤するとハンドルが冷たくて指先が痛い…

  2. グルメ

    会いたい人がそこにいたから札幌まで行ってお魚を買ってきた。

    今日は立冬ですね。立冬の意味もよく理解してませんけど、なんとなく使って…

  3. ボイラー

    温泉の素は追い焚き配管に良くない

    どうも、街のあったかサポーターのぞえ商事の専務だったり、ブログ…

  4. 思いや日常

    いくつになっても勉強は必要です。

    登別温泉にやって来ています。登別の語源はアイヌ語で白く濁った川…

おすすめ記事

  1. 思いや日常

    何故東京よりも遠い稚内に行って来たのか。
  2. 子育て応援EXPO

    イベントやるよー!室蘭で「子育て応援EXPO」やっちゃうよ!
  3. 思いや日常

    粗品用のタオルが142本余っています。
  4. 未分類

    講習会に参加してきた。名古屋編
  5. お知らせ

    ストーブやボイラーの部品を販売しない訳。
PAGE TOP