思いや日常

あけましておめでとうございます。年初なんでマジメに書いてみました。

正月なのに、子供たちが冬休みで体力が余っている様でなかなかゆっくりできません。仕事してた方が楽しいのはこのせいなのかな。

 

どうも、街のあったかサポーター

のぞえ商事の専務、野副弘幸です。

 

昨年以来SNSでお世話になっている皆さんには、本当に感謝しかありません。

どこの誰かもわからないのに色々と絡んでくれてとても気持ちがあったかくなっています。改めましてありがとうございます。

 

ボクがSNSを始めたのは、少しでも自分の事を知ってほしいからです。別に特別凄い事をしているわけでもないし、何か特殊な能力があるわけでもありません。そんなボクでも何かお役に立てたり、皆さんの日常にちょっとの潤いを提供できれば面白いのではないかと思って下手なりにも毎日発進させてもらっています。

仕事は石油燃焼機器を修理販売しているので、ほとんどの方はあまり関係ないかもしれませんが、それでもなんとか今年で創業40年を迎えられそうな雰囲気です。お客様に支えられてとても幸せな事業をしていることに感謝しています。ありがとうございます。

 

突然話は変わりますが、

正直に言って私たち、のぞえ商事は決して他の業者さんと比べると料金が安い方ではありません。特別高くもありませんが、おきゃくさんが安心してあったかい暮らしを送ってくれる様に考えて、まずはどうしたらお客さんが幸せになれるのかを優先しています。

値段はほとんど社員さんが決めていますが、対応するお客さんによって値段が大きく変わります。これはお客さんの要望と機器の寿命を迎える約10年後までどうやったら燃焼器具を安心して安全に使えるかという事を前提に顧客の生活に合わせてプランを組み立てて提案しているからです。

なので、私たちは見積もり無料や、相見積もりがあまり好きではありません。のぞえ商事で作業をしてくれる前提の見積もりであれば喜んで伺います。ただうちの見積もりはかなり厳密に精査していますので、誰が見てもすぐパクれます。その見積もりを見て少しでも安い値段で作業をしようと思えば簡単に出来てしまう内容です。でもそれでも良いと思っている部分もあって、もしうちの提案や価格に納得できないで他所の業者さんに依頼されるって事は私たちの提案がそれまでの事だったというだけなんです。

思いが伝わらない、伝えられなかったと思うと残念なところもありますが、それは適材適所で必要ではないプランを提案していることでもあり、この事実は謙虚に受け止めなければいけないところでしょうが、バカがつくほど真面目に真摯にお客さんに向き合っている、いい加減な提案はしたくない。そんな熱い気持ちで毎日ぶつかって喧々諤々としているのです。

 

長々と書き込みましたが、何が言いたいのかというと私たち、のぞえ商事はこれからもお客様目線で迅速に親切に家族に対応する様に、私たちがお客さんに一番良いと思う方法で快適に幸せにしていく事をずっと考えて提案し続けて、目の前のおきゃくさんに全力で対応する決意を持って邁進していきます。

どうぞ沢山の要望をお聞かせください。そのご意見から多くのプランが導くことが出来るのです。

 

今年は酉年。羽ばたいて飛躍の年にしたいと思っています。少しでもお役に立てる様に、お客さんに喜んで貰える様に今年も圧倒的に関わっていきます。

 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

関連記事

  1. 思いや日常

    いくつになっても勉強は必要です。

    登別温泉にやって来ています。登別の語源はアイヌ語で白く濁った川…

  2. 思いや日常

    胆振には美味しいものが多くて困るわー

    昨日は久しぶりに早く帰ったので、時間の感覚がずれていたんでしょうね。…

  3. 思いや日常

    タオルを希望されている人がいたら、LINE上でお名前と住所をコメントしてくださいね。

    5月13日にLINE登録してねって、ブログをフェイスブックとツイッター…

  4. 思いや日常

    人前で自分の半生を話してきた

    ボクが今までどんな人生を送ってきたのか。SNSやホームページを活用して…

  5. 思いや日常

    子供の頃のラジコンの思い出です。電池は赤じゃなくて黒。

    強烈に寒いですね。朝、車に乗って出勤するとハンドルが冷たくて指先が痛い…

おすすめ記事

  1. ペレットストーブ

    ペレットストーブの操作が出来なくなった時
  2. ストーブ

    ストーブの点検整備、分解整備、オーバーホール
  3. ボイラー

    エコフィールのポスターを貼ってみた
  4. ストーブ

    暖房のことなら、何でもご相談ください。
  5. グルメ

    函館まで、大福を買いに行くの巻。大福の大阪屋。
PAGE TOP