ストーブ

煙突を外した後の塞ぎ方

ストーブについている煙突って普段はあまり外すコトはないかなーって思います。

ボクも仕事じゃなかったら煙突なんて触らないです。分解整備を依頼されてお客さんのところに伺うと、煙突を自分で外して、ありがたいことにストーブを玄関まで運んでくれている人もいます。取り外しも含めての料金だから、外したりしないで大丈夫です。

故障や不具合の診断をするために、煙突の状態も見たいので、取り付けたままでいてほしい時もあります。

でも人によっては、夏場は邪魔だからストーブごと外したいとか、絨毯を取り替える時に一時的にストーブを移動させるのに、煙突を外す場合もあるようです。そんな時に煙突からススが飛び散るので、フタをしたいですね。煙突を外すときは、極力風のない時にすると吹き込みがないので、室内にススが出ないで作業できます。

さて用意するものは、新聞紙だけ。

できれば、両面見開きを半分に折ったものを用意してください。新聞紙を半分くらい煙突の開口部に被せて巻きつけます。

あとは残りの半分を煙突の中にクシュクシュっと押し込みます。

この時、あまり綺麗にやりすぎると隙間が出来ちゃうので、アバウトにやってください。

こんな風になると完成です。

ポイントは、最初に巻くときはピシッと隙間なく、奥まで押し込み過ぎない。

クシュクシュっと中に折り込むときは隙間を作らない。そんな感じです。

 

悪い例としては、新聞紙をただ丸めて突っ込む。

これやめて欲しいです。新聞紙を取り外すのを忘れて、そのまま煙突をストーブに取り付けちゃう事があります。火事にはならないと思うけど、空気が足りなくてストーブを燃やした時にススが大量に発生します。

新聞を外すときは、新聞紙側を下にして、ゆっくりと引くように外すとキレイに取れます。

そんな事で、煙突を外した後はこんなやり方も便利ですよって話でした。

こんな事知りたいなーなんて思った時にブログに載ってなかったら、LINEで質問受け付けてます。

 
もし良かったらこちらをクリックしてライン登録お願いしますね。こちらからの発信はしないです。ちょっと気になるなーとか、相談したいなーって時にご利用ください。

友だち追加

関連記事

  1. ストーブ

    ストーブの分解整備はどんな事をしているのか。仕上げ。

    ストーブの分解整備はどんな事をしているんだ。最終章です。需要があるかわ…

  2. ストーブ

    ストーブの分解整備はどんな作業をしているのか。

    マイナス気温になる事が無くなり、ジャンバーやマフラー、手袋を装着する機…

  3. ストーブ

    今日も灯油タンクを空にしたという問い合わせをいただきました。

    春は旅立ちの季節。嬉しかったり、ちょっと寂しかったり複雑です。…

  4. ストーブ

    ホームタンクに灯油入ってますか?

    ハイどーもいつも前置きが長いので、要点からこれなんだか…

  5. ストーブ

    灯油のゴムホースは3年毎に交換が必要

    灯油のゴムホースは、3年おきに交換したい消耗品。ホームタンクか…

  6. ストーブ

    石油ストーブのセーブ運転とか、エコ運転とかって何って話

    どうも街のあったかサポーター、のぞえ商事の野副弘幸です。エコ運…

おすすめ記事

  1. ストーブ

    新しいストーブに火をつけると煙が出ます。
  2. ストーブ

    ロケットストーブを試作してみる
  3. お知らせ

    ペレットストーブの燃料は猫のトイレに使えるのか。試してみる。
  4. お知らせ

    室蘭にシップリサイクルを呼び込もう。
  5. ストーブ

    ホームタンクに灯油入ってますか?
PAGE TOP