ストーブ

灯油のゴムホースは3年毎に交換が必要

灯油のゴムホースは、3年おきに交換したい消耗品。

ホームタンクから灯油コックまでは、銅で出来た配管で施工されていて灯油が漏れるという事は少ないです。灯油コックから燃焼機器につながるゴム製のホースは年数が経ったり、陽に当たると劣化して固くなり、そこからひび割れして灯油が漏れてくる可能性があります。交換時期は3年と言われていますが、3年過ぎたからすぐに漏れるわけでもないですが、大丈夫だよっていう期間が3年です。

かと言って3年経たずに灯油が漏れることもあったりします。ゴムホースを長期間未使用で保管してあるものを利用した、屋外や屋外に近い状況で使用してる時は、劣化が早いようです。灯油のホースは屋内で使われる事を前提に作られているので、屋外での使用は不向きです。屋外は銅の配管を利用しましょう。

灯油が漏れて絨毯やフローリングに付いたニオイはなかなか取れません。学生さんのアパートでゴムホースから灯油が漏れて下の階の人から、ニオイがすると苦情が来るまで灯油の漏れを放置されたお部屋に伺ったことがあります。(そんな状況で体調が悪くならなかったのか心配になります)絨毯や布団、フローリングにまで染み付いてしまってかなりの修繕費がかかったようです。

灯油自体は火をつけても燃えにくい液体です。灯油の中に火のついたマッチを入れると消えます。それくらい燃えにくい液体ですが、条件が悪かったら火が付く時もあるので絶対に真似しないでください。灯油に火がつくのは気化している時に火をつけると燃え始めます。絨毯や布団についた灯油が気化していると、部屋の中はいつ火がついてもおかしく無い状態になっています。少しでもニオイが出る時は灯油のコックをしめてご連絡ください。あまりに漏れがひどい時は消防などに連絡お願いします。

そんなことで、微妙に学生アパートと絡めることで今月のテーマの引越し感を演出してみました。

関連記事

  1. ストーブ

    ストーブの分解整備はなんで必要なのか

    ひな祭りですね。そろそろ日中の気温がプラスになって過ごしやすくなってき…

  2. ストーブ

    ストーブの火力が大きくならない、勝手に消えてしまう。エコ運転になっているかも。

    初雪のニュースも流れてきて、暖房シーズンになってきました。もう…

  3. ストーブ

    五月一日から点検整備料金が変更になってます。

    ストーブの点検整備料金を一部見直しました。一般的に普及している…

  4. ボイラー

    エコフィールのポスターを貼ってみた

    先日長府製作所様より頂いた大きなポスターを店舗入り口に貼ってみました。…

  5. ストーブ

    ツインストーブを点検整備する

    ストーブのバーナーと、温水暖房のバーナーを1台のストーブの中に納めたス…

  6. ストーブ

    お知らせ

    12月20日と21日は、出張の為ホームページへお問い合わせいただ分は、…

おすすめ記事

  1. ストーブ

    ファンヒーターが故障した時に修理をするか買い換えるか。
  2. ペレットストーブ

    10月1日。知利別川でペレットストーブの展示をします。
  3. 思いや日常

    あったかい所に人が集まるからこの仕事が好きなんです。
  4. ストーブ

    ストーブの火がつかない、点火しない、三つの要素と事例。
  5. 思いや日常

    大阪のリアルなマッスルからの挑戦状
PAGE TOP