ストーブ

床暖機能が内蔵されているストーブは、小火力で使っていると温まるまでに時間が掛かります。

どうもこんにちは、のぞえ商事の野副弘幸です。

室蘭市で石油燃焼機器と呼ばれる、灯油を使ったストーブやボイラーの販売施工、修理をしているものです。たまにペレットストーブも扱います。

 

北海道でしか使われていないと思われる、床暖房機能付き石油ストーブの話です。

ここで必要ない方はページを閉じてください。

 

 

引き続きお付き合いありがとうございます。

そうなんです。床暖房はあったかいんです。

ストーブの排気温度は約200度前後。それを排気管を通して屋外に排出しています。

その200度の熱を循環液に伝え温水にして床に敷いたパネルに流し込み下から熱を放出する事で、より温まりが伝わるように考えられたストーブです。

カタログからパクりましたがこんなイメージです。

空気から液体に熱を伝えるには多くの熱量を消費しますので、200度の温度があっても火力を小さくしていると循環液を暖める以上にストーブ内の温度も下がり結露する場合もあります。

 

空気で液体は暖めるのにも時間がかかりますが、冷えるのもまた時間がかかるので最初に大きな火力でストーブを燃焼させて循環液を温めた後に、ストーブの火力を小さくして焚いておくと部屋全体が温まるのが速いです。

 

僕はこれを熱量保存の法則から学びました。多分合ってます。

 

また、部屋が暖まっている状態なら最初から小火力でも構いませんし、その方が燃料の消費も少なくなります。

18度の床暖の温度は、室温24度にもなるそうです。

18度の床って冷たくないって思いますが、いつも参考にさせてもらっている日本ガス石油工業会から頂いた資料にはそうあります。

 

今回も当たり前のことをあたかも自分が発見したように書いてみました。

少しでも参考になれば幸いです。

文章に起こすって難しいですね。

関連記事

  1. 未分類

    メチャ寒い時に洗面器に水とタオルが入っていたら…

    寒いよりも暑い方が好き。紫外線をジリジリと浴びながらビール飲みたい。…

  2. 未分類

    講習会に参加してきた。名古屋編

    ストーブメーカーの本社に行ってきました。写真載せて良いかわから…

  3. ストーブ

    ストーブの分解整備の作業はどんな事をしてるのか。洗浄、清掃。

    前回からだいぶ間隔があいちゃいました。分解整備、分解編…

  4. ストーブ

    メールでのお問い合わせ

    こんにちわホームページを立ち上げて1年くらい。ようやく…

  5. ストーブ

    もうすぐ届くと思います。

    まだまだ暖房を使ってらっしゃる方も多いかと思いますが、ストーブ…

  6. ストーブ

    なんで値上げなのか?

    今日から通常通りの営業です。休みの間、故障しても待っていてくれたんでし…

おすすめ記事

  1. 思いや日常

    胆振には美味しいものが多くて困るわー
  2. ストーブ

    ストーブの点検整備、分解整備、オーバーホール
  3. 思いや日常

    大阪のリアルなマッスルからの挑戦状
  4. ボイラー

    エコフィールのポスターを貼ってみた
  5. ストーブ

    ストーブ分解整備、点検整備は今月末まで割引を受け付けます。
PAGE TOP