お知らせ

灯油のエア抜き専用ポンプあります。

灯油タンクを空にした時って、配管の中に空気が入って燃焼器具(ストーブやボイラー)まで、うまく灯油が届かないんですね。それで、エア抜き作業が必要なんです。タンクに灯油を入れて、燃焼器具についているゴムホースを外して、灯油が出てくるまで待っている作業なんでそんなに大変ではないです。

稀に、灯油のタンクと燃焼器具の落差が足りない時とか、灯油が満タンではない時などは、灯油を吸ってあげないと出てこないこともあります。

そんな時に活躍しそうなのが、灯油のエア抜き作業専用の「吸引エアポンプ」。

自転車に空気を入れるポンプと同じ動作で、負圧を作って灯油を引っ張ってあげようというもの。

白い縦長の筒の中に灯油が入る仕組みで、約5リットル吸引する事ができます。誰でも容易にエア抜き作業ができるので、便利といえば便利です。

お値段が、33,000円(税別)とちょっと頑張った設定になっていますね。のぞえ商事で購入する事ができますが、一般の人は修理で呼んでください。簡単に済んだら5,000円くらいで作業できます(笑)

ボクは、これがなくても作業ができるので必要ありませんが、もし欲しい人がいればよろしくどうぞ。

関連記事

  1. お知らせ

    新しい一年がスタートしました。今年もよろしくお願いします。

    あけましておめでとうございます。のぞえ商事は今日から仕事始めで…

  2. お知らせ

    ホームタンクから灯油が漏れていると電話をもらいました。

    1月5日にお電話いただいた時の話です。外置きの490リットル入…

  3. お知らせ

    石油製品には寿命があります。10年を目安に新しいものと取り替えてください。

    センセーショナルなタイトルで始まった今回は、ストーブやボイラーなどに寿…

  4. お知らせ

    日鋼設計のペレットストーブを取り扱うことになりました。

    広島の日鋼設計という会社が製造している、ペレットストーブの代理店になる…

  5. お知らせ

    「普通」の価値観は人によって変わりますね。カメラを向けられて普通にしてと言われました。

    うぉー、もうあっという間に12月ですね。やっと12月と思う人、もう12…

  6. お知らせ

    PayPayを使えるようになりました。

    今年の10月に消費税が10%に引き上げされるようです。実は若干…

おすすめ記事

  1. ストーブ

    もうすぐ届くと思います。
  2. 思いや日常

    健康診断を忘れていた朝の出来事
  3. 思いや日常

    今年も新年度を迎えることが出来ました。
  4. ストーブ

    ファンヒーターの保管方法
  5. 思いや日常

    先週の黒板です。何でこのタイミングでこのブログかってーと何となくです。
PAGE TOP