お知らせ

ラジこらんの放送を振り返ってみるよ

自動ドアが開かなくて焦る。目の前でラジオを一緒にやってる菅原さんが入っていったから開くものだと信じて疑わない。開かない自動ドアの前でセンサーに対して何かしらの動きを見せたり、昔ながらの踏んだら開くヤツかと、まさかのジャンプしてみたり、何かに使えるかもと写真撮ってみたり(笑)

そして、自動ドアの奥でドリンク買ってる菅原さん。微妙に嬉しそう。そして無駄に動きがゆったり。日曜日は建物の管理の関係で、自動ドアが中から出る時か、カギを持ってないと開けられないシステムでした。

お気づきでしょうか。もしかしたら、なんで自動ドアを開けてくれないんだと怒る人もいるかもですが、ボクの場合はおいしいなと思ってしまいます。そんな和気あいあいな雰囲気で「子育て応援番組ラジこらん」の収録が行われています。

ちなみにボクの担当は、稀に出る父親目線のコメントと、主にうなずきです。首を上下に動かしてます。(ラジオなので見えませんが想像して聞いてください)

そして、放送日がなんと収録の次の日の5月20日。つまり今日でした。今回はドキュメンタリー映画「うまれる」を自主上映しますよってお話と、中島町に出来た託児施設のご紹介をしました。

<前半のコーナー>

ゲストはうまれる上映プロジェクトin室蘭さん

映画「うまれる」を7月13日と7月14日に[室蘭市生涯学習センターきらん]で上映します。という話。

上映時間は両日とも10:00からと13:30からの2回ずつの4回。上映時間は1時間44分。

13日の13:30と14日の10:00の上映は、小さなお子さんがいても大丈夫な上映。子供が鳴き声はBGM的なイメージです。

ボクは見たことないけども、もしかしてハンカチ必要なヤツですか?と、父親目線のスルドイ質問をすると、箱ティッシュ3箱必要ですと、絶妙なコメントをいただけました。

事前のお申し込みはこちらからどうぞ。

事前申し込みフォーム

 

<後半のコーナー>

来てもらったのはキッズルームさくらさん

室蘭市中島町で託児施設をこの春にオープンされたそうで、未就学児を預かってくれます。

スタッフ全員が保育士さんで女性ということです。女性だとお母さん的には安心できる要素の1つらしいです。(男がダメってことではないらしい)

料金は、1時間1000円から1500円ですが、5月末まで半額キャンペーンをやってます。3歳以上なら1時間500円。どんな感じなのかなぁってお試しでも利用しやすいのではないでしょうか。時間は9時から16時の間で、預ける時間などはある程度融通してくれるようです。料金など、詳しくは電話で確認してください。

キッズルームさくらさんのフェイスブックページ

場所:室蘭市中島町1丁目9−1ほんまビル

電話番号:0143-84-9072

定休日:日曜日、月曜日

うちは祖父母が子供をみてくれるので助かってますが、用事があっても小さい子がいると出かけられない。近くに子供をみてくれる人がいない。歯医者に行きたいけど小さい子がいると。美容院や買い物になんてなかなか行けず、困っている人もいるかもです。

キッズルームさくらさんで子供を預けて、映画「うまれる」をゆっくり見に行くなんてこともできそうですね。

 

関連記事

  1. お知らせ

    日鋼設計のペレットストーブを取り扱うことになりました。

    広島の日鋼設計という会社が製造している、ペレットストーブの代理店になる…

  2. お知らせ

    ストーブの点検整備が続々入ってきました。

    一年中ストーブやボイラーの点検整備はやっているのですがなぜかこ…

  3. お知らせ

    洗濯物をストーブの近くで干さないでね。

    30度を超えたと思ったら、20度に行くかいかないかのお天気。寒暖差が激…

  4. お知らせ

    ゴールデンウィークのお休み

    ついに桜が咲きましたよ。来週あたり、あちらこちらでピン…

  5. お知らせ

    ホームタンクもたまにはみてあげてね。

    雑草なんかを刈り取る草刈機で、灯油タンクの下にある灯油の配管を切ってし…

  6. お知らせ

    最近始めたこと

    最近、アメーバブログを始めました。なぜって、ボクの事(ストーブ…

おすすめ記事

  1. ストーブ

    引越しでストーブ取り付けを依頼される時は灯油を確認して欲しいタイプです。
  2. ストーブ

    ストーブが点火しない。火がつかない。エラーが出る。理由、原因。
  3. お知らせ

    お友達が室蘭でやってるイベントの紹介です。
  4. 思いや日常

    水曜の20時は84.2メガヘルツだよ。
  5. 子育て応援EXPO

    子育て応援EXPO2018をフェイスブックで振り返ってみた。
PAGE TOP