ストーブ

ポータブルストーブは灯油に気をつけようって話

なんとなく以前にも書いた気がするけど、あの地震以降ポータブルストーブの芯を交換する作業が増えてきた。「不良灯油」とか聞いた事あるかな。灯油をカートリッジタンクに入れて使用するストーブを持っていると、18リットルくらいのポリタンクに灯油を入れて保管していると思う。

去年の灯油だったり、日当たりの良いところに保管していると、灯油が腐って黄ばんで酸っぱいに匂いがしてくる。そんな灯油を使うと、ポータブルストーブはちゃんと燃えないの。あとは、水が入っていたり、ゴミが入っているのもダメだよ。

どんな所に灯油を保管したら良いのか

スバリ、涼しくて暗い場所。物置も暗いけど、日が当たる所だと日中高温になるから注意して欲しい。面倒だけど、使い切れる分だけをこまめに書いに行くのが良いと思う。いつ買った灯油かわからない時は、使わない事。灯油を廃棄する時は、灯油を買ったところか、ガソリンスタンドなんかに持って行くと処理してくれるよ。

芯の交換料金

芯の交換と清掃を含めて、工賃が6,500円。メーカーや機種によって変わるけど、芯の料金がおおよそ2,000円前後。消費税を入れると9,000円くらいになっている事が多いかな。もう使わないポータブルストーブは電池と灯油を抜き取って、住んでいるところのルールを確認して。室蘭市と登別市は燃やせないゴミの日にお願いします。

のぞえ商事でも、ポータブルストーブの販売もしているけど、今年度はポータブルストーブの入荷が難しい状況。それと量販店よりは3割か4割ほど高めの料金です。12,000円くらいで量販店に並んでいるストーブなら、17,000円ほど。一台だけ仕入れるのと、全国規模で毎年定期的に何万台と仕入れるのでは、メーカーや問屋さんも価格差出てくるよね。

のぞえ商事で購入された方。もしご希望であれば、ライターつけますけど。

なんだったら、娘が書いたスピリチュアルな絵もつけます。要らないか。

関連記事

  1. ストーブ

    ストーブの点検整備、分解整備、オーバーホール

    どーもお世話になってます。今日は、連休中日で営業中です。午前中…

  2. ストーブ

    点検整備料金、煙突式石油ストーブ丸型(小型)

    のぞえ商事の点検整備料金表では、煙突式石油ストーブ→丸型→小型…

  3. ストーブ

    五月一日から点検整備料金が変更になってます。

    ストーブの点検整備料金を一部見直しました。一般的に普及している…

  4. ストーブ

    ストーブの分解整備はどんな事をしているのか。仕上げ。

    ストーブの分解整備はどんな事をしているんだ。最終章です。需要があるかわ…

  5. ストーブ

    エコフィールボイラーや高機能ストーブを買って頂いてます。

    子供の成長は速いものですね。幼稚園に行かないってゴネていたタイ…

  6. ストーブ

    石油燃焼機器には寿命があります。

    石油燃焼機器と呼ばれてる、燃料が灯油のストーブや、ボイラーには寿命があ…

おすすめ記事

  1. 思いや日常

    大阪のリアルなマッスルからの挑戦状
  2. 思いや日常

    昨日の札幌は滑ったわーっていう日常のフツーの話
  3. ストーブ

    灯油のゴムホースは3年毎に交換が必要
  4. ストーブ

    もしかしたら水道凍結よりも怖い。ホームタンク凍結。
  5. ストーブ

    ツインストーブを点検整備する
PAGE TOP