ストーブ

ストーブやボイラーの灯油ゴムホースを交換をする方法

ストーブとかボイラー灯油を送るゴムのホース。

長い間使っていると、劣化して灯油が漏れることがあります。定期的に交換する部品です。

交換の目安は3年。

3年で灯油が漏れたことは記憶にないです。メーカーは3年で交換して欲しいようです。取り付ける環境が色々なので、短めになっているのかなと思います。

 

さて、ゴムホースの交換方法です。

用意するもの

プラスドライバー、カッター、受け皿、養生シート、ウエス、新しい灯油ゴムホース、ホースバンド2個

1、灯油コック(元栓みたいなもの)のレバーを閉める方向にします。灯油コックが見当たらない時は、ゴムホースを辿っていくといいと思います。

2、ストーブ側(ボイラーならボイラー側)と灯油コックからプラスドライバーでホースバンドを緩めて、ゴムホースを抜きます。この時にホース内の灯油が垂れます。養生シート(新聞紙や布)を敷いて床にこぼれないようにします。受け皿やペットボトルなんかに外したホース内の灯油を流すと良いかと思います。

3、新しい灯油ゴムホースを灯油コック側から付けます。ストーブ側のジョイントまで届くように、長さに少し余裕を持ってカッターで切断をして調節します。

4、ホース内の空気を抜きます。別の言い方だと、ホースの中に灯油を入れるってこと。受け皿を用意し灯油コックを開けて、ストーブ側のホースから灯油が出てくるまで待ちます。これをやっておかないと、灯油がストーブに入ってきません。灯油が出てきら、灯油コックを閉めてストーブ側にホースを繋ぎバンドを付けます。(先にバンドを通しておくとスムーズです。)

5、ウエスで灯油を拭き取り、さっき閉めた灯油コックを開け、ストーブのリセットボタンを押して、点火します。灯油の漏れが無いことを確認して終わりです。

 

伝わったでしょうか。よくわからんと思ったら、作業は専門の業者に任せた方が良いかもしれません。1メートルくらいのゴムホースを交換する作業だと、6000円前後になるケースが多いです。点検整備の時に交換すると、部品代だけ頂いてます。

 

関連記事

  1. ストーブ

    ストーブの点検ってどんな作業なんでしょう。(写真多め)

    ストーブの点検整備ってどんな感じに作業をしているのか。お客さんから見え…

  2. ストーブ

    ストーブの分解整備はどんな作業をしているのか。

    マイナス気温になる事が無くなり、ジャンバーやマフラー、手袋を装着する機…

  3. お知らせ

    ストーブのガラスが黒くなった。ニオイがする。気になった時点で修理依頼してください。

    寒いのにも少し慣れて来て、プラスの気温ならあったかいなって感じになって…

  4. ストーブ

    五月一日から点検整備料金が変更になってます。

    ストーブの点検整備料金を一部見直しました。一般的に普及している…

  5. ストーブ

    水って大切な物ってのは知っていたけど、それがどれほど必要なのかはその人の生活スタイル次第って事でお願…

    自宅の周りの方達が雪かきハンパ無いので、それに合わせようと思ったら、め…

  6. お知らせ

    ホームタンクから灯油が漏れていると電話をもらいました。

    1月5日にお電話いただいた時の話です。外置きの490リットル入…

おすすめ記事

  1. ストーブ

    ストーブの火がつかない。作動音もしない。エラーも出ない。
  2. お知らせ

    ラジこらんの放送を振り返ってみるよ
  3. ストーブ

    年末年始休業のご案内
  4. ストーブ

    ファンヒーターが故障した時に修理をするか買い換えるか。
  5. ストーブ

    ストーブの分解整備はなんで必要なのか
PAGE TOP